パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

G560(レノボ06798QJ)の口コミと評価

G560はパソコン使用時間の少ない人にお奨め

安くて十分な処理速度

G560の一番の魅力は安くても、それなりの速さで動いてくれるコストパフォーマンスの高さにある。
ネットでのランキングでは現在日本で一番売れているノートパソコンだ。
通常のネット閲覧や、メール、年賀状作成、表計算、ワープロ、デジカメ、動画閲覧など一般的な用途であればサクサク動作し、パソコンの処理能力が遅いと感じることは少ないはずだ。
CPUはCore i3 370M/2.4GHz(キャッシュ512KB)、メモリ容量2GBを標準で搭載している。

G560はこんな人に向かない

動画編集や高い処理能力を要求する3Dゲームなどはスペック不足になってくる。
ビデオチップのIntel HD Graphicsはチップセット内蔵型のもので、動画再生機能は十分であるが、3Dゲームには不向きだ。
ハードディスク容量は320Gで、パソコンの中に動画を溜め込んだり、動画の編集をするには、十分とは言えない。デジタルビデオカメラで撮った映像の編集をするなら、ノートパソコンよりも性能の高いデスクトップパソコンを選んだ方がいいだろう。

G560はモバイル用途には向かない

15.6型のワイド液晶搭載でサイズは大き目のノートパソコンといったところ。家庭内の移動には適しているが、屋外への持ち歩きには大きすぎる。バッテリーの駆動時間も短く、モバイル使用した時の製品の耐久性も疑問だ。
モバイル用途であればThinkPadシリーズの方が適するだろう。

G560の口コミと評価

耐久性はやや劣る

一日に何時間も使うヘビーユーザーでなければ、他の高級機と比較してやや劣る耐久性も問題にならないはずだ。パソコンを必ず毎日使わない人や使っても1~2時間程度でシャットダウンさせるライトユーザー向けの機種だ。
毎日8時間しっかり使うオフィスでの使用であれば、ソニーや富士通、東芝、NECの国内メーカーかASUSを選択をお奨めする。部品の品質が高く耐久性に優れる。
G560は液晶画面のヒンジも緩みやすいし、目に見えない箇所にコストダウンさせたパーツが使用されていることが想像できる。
また、lenovoのノートパソコンは故障の少ないメーカーではない。5年間に故障する確率も国内メーカーに比べるとやや高めというデータが出ている。故障時の経済的リスクを考えると、ビジネス向き用途としては不向きだ。

グレア液晶採用

液晶画面は光沢のあるグレア液晶を採用している。
画像や動画の閲覧にはコントラストのある光沢画面が向いている。
長い時間、文字を見つづけるビジネス用途にはノングレアの非光沢液晶が向いているので気をつけたい。

タッチパッドは使いにくい

タッチパッドは凹凸のある表面がザラザラしたタイプが採用されている。これが感度が悪く使いにくい。インターネットの口コミでも思うようにマウスのポインタが動かないといった意見をよく見る。
別途USBマウスを購入して使うことをお奨めする。

G560タッチパッドの無効化

先代のG550ではタッチパッドの無効化に苦労したが、G560ではこれが楽にできる。
画面右下に常駐するポインティングデバイスの詳細設定でUSBマウス接続時に無効にする設定が可能である。
ポインティングデバイスの一時的な無効/有効はfnキーとF6キーの同時押しでも可能だ。

キーボード

G560のキーボードは押し応えのしっかりあるタイプである。Think Padとはまた違うタッチだが、Think Padの系列らしい硬めのストロークだ。
ノートパソコンによくありがちなストロークがやわらかくパシャパシャと音を立てるタイプではない。故に、ストロークの軟らかいPCから買い替えた人は最初はミスタイプが多いようだ。
テンキーが付いているが、幅が小さすぎて使えない。

G560はレノボ ケア メンテナンス サービスに入れる

G560はメーカーの延長保証サービス、Lenovo Careメンテナンス・サービスに加入することができる。
申し込みはレノボのwebから可能だ。
通常の1年メーカー保証をさらに2年間延長した、3年間引き取り修理サービスは¥7,350となる。これはThinkPadシリーズや他社のDELL製品などと比較して、かなり安い料金設定だ。
ノートパソコンは、3年を待たずして故障することが多くあるので、是非とも入りたいサービスだ。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.