パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

ASRock インスタントブートを試してみる

ASRock InstantBoot 4秒で起動が可能らしいが…


ASRockの多くのマザーで対応するInstantBootは、次回の起動時間が4秒でできるという優れもの。
今回はASRock 870icafeで実証してみる。

仕組みは、以下のようになっており意外とシンプルなもの。
1:ユーザーが通常のシャットダウンの操作をする。
 ↓
2:再起動が掛かる。
 ↓
3:再起動完了後は自動的にスリープか休止の状態になり、メイン電源が落ちる。
 ↓
4:次回起動時は電源ボタンを押せばOK。

instantboot
Fast Modeは再起動後にスリープ状態になるのに対し、Regular Modeはスリープ状態になり、ユーザーによる次回の電源オンを待つ。

なお、ここで言うスリープとか休止というのは便宜的に用いているだけで、純粋な意味でのWindowsのスリープ、休止状態なのかどうかは不明。
もしかするとWindowsではなく、ASRockのソフトウェアがスリープや休止っぽい処理のしているだけかもしれない。

自動ログインの設定が必須

自動ログインの設定をしておかなければ、シャットダウン後の自動的に行われる再起動時にパスワードの要求が表示される。
instantboot-login
この段階で席を立っていれば、PCの電源は翌朝までつけっぱなしとなってしまう。

ファイル名を指定して実行で「control userpasswords2」を入力することで、自動ログインの設定画面に移れる。
「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずす。

実際使ってみると

Regular Modeは休止状態からの復帰となるので、復帰にはある程度の時間が必要。
起動が早くなったWindows7なら、もはやあまり意味はないのではと感じた。
Fast Modeはスリープからの復帰となるので、4秒どころか2.5秒ぐらいで復帰できた。
この速さなら、状況によっては利用価値はあるかもしれない。

ただし、起動自体が早くなるわけではないので、過度の期待は禁物だ。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.