パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

マウスコンピューターのパソコンショップとしてのメリットとデメリット

マウスコンピューターの企業背景とその特徴

マウスコンピューターは2006年に設立された比較的新しい会社です、リーズナブルな価格設定が評判のパソコン本体や周辺機器を幅広く揃えています。マウスコンピューターと言えば、ニュースリリースに対する企業努力が素晴らしいという印象が強いショップです。一度マウスコンピューターで商品を購入するかメールアドレスを登録するとわかりますが、たくさんニュースリリースやメルマガが送られてきます。また本体価格の安さに関しては昔はDELLと競っていましたが、DELLが路線を変更したため、今では同じスペックであれば業界最安値に設定されているケースが多くなりました。

マウスコンピューターでパソコンを購入する際に気をつけたいこと

さらにマウスコンピューターは、特徴として安さや特売を全面に出すのではなく、クリエイター向き、初心者向き、ゲーム向けスペックなど、用途をニーズに合わせて提案するのが得意なショップです。例えば、3Dを重視したグラフィックデザイナーやゲーム用途のために、高性能GPUであるNVIDIA Quadroを搭載したパソコンを更新し続けています。しかもゲーム向けはG-Tuneというシリーズで分かりやすく独立させているのです。

ただしマウスコンピューターで購入する際に注意したいのは送料と延長保証料金についてです。本体価格が安いせいなのか送料が高額で、PC本体が3,150円、さらに付属の液晶モニターもさらに3,150円かかってしまうのです。安い液晶モニターであれば一万円を裕に切る時代ですから、これは少し考えものです。液晶モニターは別に購入した方が良いでしょう。また延長保証料金は3年で7,350円と均一です。他ショップは10%のところが多いので、本体価格が¥73,500以下であれば割高ということになります。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.