パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

MSIの890GXM-G65を拡大画像で解説

人気M-ATXマザー890GXM-G65を写真で紹介

MSIの890GXM-G65はマイクロATXながら、Hybrid CrossFire Xに対応する拡張性と、USB3.0、SATA3をサポートするSB850を搭載している人気の高いマザーボードだ。
オンボードグラフィックにはHD4290を搭載。sideportメモリとして128MBを用意している。
AMD最新のAM3+CPUにもBIOSのアップデートで対応する。

パッケージ内容

890GXM-G65-1
付属品ケーブル類は、6Gb/s対応SATAケーブル×1、SATA電源変換コネクタ×1、IDEケーブル×1。
レガシーなケーブル類は要らないので6Gb/s対応SATAケーブルが二本欲しいところだ。

890GXM-G65本体拡大写真

890GXM-G65
CPU電源は4pinでマウスコネクタ裏の最上部。ATX電源下付きケースは配線が厳しくなるケースもある。
ノースと電源周りのヒートシンクはヒートパイプで繋がっている。GPUを使用してもそれほど熱くならなかった。
4+2フェーズ電源で140W CPUに対応。
PCI Express ×16スロットを2基、PCI Express ×1スロットを1基、PCIスロットを1基搭載。
Hybrid CrossFire X テクノロジーに対応している。

SB850、SATAポート

890GXM-G65-SB850
余裕のあるケースでないと、横向きSATAポートが挿しづらい。
SATA3(6Gb/s)対応。SSDとの組み合わせが最適。
MSIマークのついたヒートシンクがSB850。やや熱くなる。

メモリスロット、IDEコネクタ、電源コネクタ

890GXM-G65-memory
DDR3メモリが4スロット。デュアルチャンネル対応。
24pinのATX電源に対応。
IDEデバイスの接続にも対応する。
FDDコネクタは省略されている。

CPU周り

890GXM-G65-CPU
これぐらいの余裕があれば、ほとんどのCPUクーラーが問題なく装着できるはず。
まず問題ないと思うが敢えて気をつけるなら、メモリスロット側のマージン。
ノースブリッジのヒートシンクは少し削られており余裕がある。

I/Oパネル

890GXM-G65-back

グラフィック系統はD-sub15、DVI-D、HDMIの3端子で充実している。ただし、DVI+HDMIのデジタル2系統の同時出力はできない。DVIとHDMIの両方にデバイスを繋ぐと、DVIのデバイスが認識されて、HDMIは認識されない。HDMIのデバイスに切り替えるには、DVIのデバイスを物理的に切り離し、再起動する必要がある。

サウンド系統はオンボードとしては充実。
マウスポートの上にあるのが、光学S/PDIF出力端子。
Line in、Line out、Mic、RS-out、CS-out、SS-outを装備。

PS/2コネクタは、マウスまたはキーボードのいずれか一つを接続可能。

USB2.0が4ポート。
青色がUSB3.0で2ポート装備。
e-SATAポート×1装備。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.