パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

Windows 7とWindows8の違いとは一体何なのでしょうか?

Windows 7とWindows 8との大きな違いはユーザーインターフェースにある

Windows 8がMicrosoft社の社運をかけて販売されてしばらく経過しましたが、そもそもWindows 7とWindows 8で何が変わったのかスラスラ答えられる人はどのくらいいるでしょうか?細かい違いはたくさんあるでしょうが、せめて大きな違いくらいはおさえておきたいものですね。ここではWindows 7とWindows 8の違いを簡単に紹介していきたいと思います。

一言で言えば、Windows 7とWindows 8の一番の大きな違いはユーザーインターフェース、つまり見え方やパッと見ての使う時の方法が大きく異なるのです。Windows 8は、Microsoft社のタブレット端末であるSurfaceにおけるタッチパネルを念頭に、これまでのデスクトップ形式をやめ、Modern UI designと呼ばれる方式に変えました。これは単色の背景にアプリを並べるデザインで、これまでのデスクトップは全く異なる形式です。またスタートボタンとがなくなり、スタートメニューの表示方法が変わり、画面右下のチャームというメニューからシャットダウンやボリュームの調整を行うようになりました。

Windows 7とWindows 8は逆に言えばそれ意外は大幅な変更はない?

逆に言うと、実はWindows 7とWindows 8はユーザーインターフェース以外の部分ではそれほど大きく変わっていないというのが本当のところです。もちろんモバイル端末を念頭に置いてあるだけあって動作が軽くなるなどの改善点は見られますが、根本的なデザイン面では同じといってよいでしょう。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.