パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

Windows 8が販売された半年以上経過するが、果たしてその評判はいかに?

Windows 8の発売の経緯とOSとしての特徴

Windows 8は、Windows 7の後継として2012年10月に発売されたMicrosoft社の最新のOSです。コードネームは「8」と分かりやすく、名前もWindows 8と単純なものになった一方で、中身自体は大幅な変更を加えています。特に目につくのが”Windows 8 Modern UI design”と呼ばれるユーザーインターフェースです。デスクトップにファイルやソフトウェアのショートカットを並べるこれまでのスタイルから、単色の背景に直線的で四隅が直角なアプリが並ぶというスタイルに変更されました。

Windows 8の悪評のすべての原因はModern UI designへの移行にある

Windows 8に関しては、このModern UI designへの移行が大変な物議を呼んでいます。まずModern UI designが導入された背景としては、やはりMicrosoft社が社運をかけて開発したタブレット端末Surfaceがあります。確かにタブレットとしては画期的なデザインで使いやすさも良く、何よりOSの動作自体が軽いことがモバイル端末用としては非常に優れていると言えます。

一方で、タッチパネルが搭載されていない普通のPCで使うという人にとっては、慣れたデスクトップシステムからの大幅な移行ということで大きな戸惑いが感じられるようです。普通のPCでは、多くの人がワンクリックで元のデスクトップに戻して使うようで、それは当然のことでしょうが、その手間が煩わしく感じさせるようであまり良い評判とは言えません。BTOパソコンメーカーのシステム構成をみてもWindows 7搭載がいまだに基本路線で、これがWindows 8に対するニーズを如実に表していると言えます。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.