パソコンリサーチ ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

(パソコンリサーチ)ノートパソコンと直販BTO-PC&自作パーツを口コミで評価レビューする初心者お薦めサイト

ASRock Z68 Pro3-Mの評価 日本製コンデンサーの搭載は無し

Z68チップセット搭載のMicro ATXマザーボード、ASRock Z68 Pro3-Mの評価

Z68 Pro3-M は数少ないMicro ATXフォームファクターのZ68マザーボードだ。
このタイプのマザーボードでは、現在最も安い。

背面ポート

Z68-Pro3-M-panel
キーボード用PS/2、D-sub、DVI、HDMI、e-SATAに関しては、1万円という価格帯を考えると妥当なところ。
DisplayPortが付いていることはバリュー感がある。

拡張性

Z68-Pro3-M-PCI
PCIEx16が1スロット、PCIEx1が2スロットに加えPCIスロットが付いている。
拡張スロットのパターンはMicro-ATXとしては最も不満が出ないパターンではないかと思う。
オンボードIDEコントローラーも内臓されており1コネクタのIDE端子が装備されている。

メモリ、SATA

Z68-Pro3-M-sata
SATA3が2ポート、SATA2が3ポート配置されておりH67のマイクロATXにもよくあるパターンの構成だ。
ポートはすべて上向きなのが特徴。

メモリはDDR3が4スロット内臓されており、最大32GBでの運用が可能だ。
もちろんデュアルチャンネルにも対応している。

コンデンサ品質は?

Z68-Pro3-M-con
マザーボード内に使われている固体コンデンサは次の2種類が主力。
ボードを見渡した感じでは、この2つのメーカですべての固体コンデンサをまかなっているようだ。
日本製コンデンサは0%。
部品品質を落としてしっかりコストダウンされている。

SAMWHA(本拠地 韓国)Hi-cap FJシリーズ

Z68ロゴの入ったヒートシンク左側にあるのがSAMWHA製コンデンサ。
写真以外の他の箇所でも使っている。

APAQ(本拠地 台湾)AP-CON ARECシリーズ

CPU周りにあるものがAPAQ製コンデンサ。
コンデンサの頭の2行目の@(アットマーク)のようなロゴが特徴。
3行目には「V」ボルト表記。




関連するレポート

Copyright © パソコンリサーチ. All rights reserved.